楽しそうは楽しい

(ハスブレロ似の管理人のブログへ)ようこそ 

どうもこんにちは。よすだーと申します。
よすブレロという(変な名前の)ブログにようこそ。

このブログでは
ゲームの感想、考察を書いたり、絵や4コマ等を描いたり、デッキ考察したりと、
管理人の気分によって色々なことを書いてます。つまりは雑記です。

ブログ以外ではpixiv(ペイント絵)やニコニコ(大体レトロゲー実況)等でも陰ながら活動(?)しています。

まずは暇な人の暇を全力で潰しにかかるようなものを提供していけたらいいなと思っています。
改めて、ようこそなのです。
スポンサーサイト



【遊戯王】赤き竜P.U.N.K考察メモ 

こんにちは。
そろそろブログのトップ画像を変えようと思って弄っていたのですが迷走を極めたので
一旦シンプルイズザベストに変更しました。
昔よりこのへんの知識が減っている気がします。よすだーです。

他の記事書いてる途中の息抜きとして
PUNKデッキで何か楽しい事してみたかったシリーズその2です。
なんか赤き竜を最も弱く使ってる気がしますがご愛敬。たぶん今は亡きカラミティのせい。

akapunk
a.k.a(赤)き竜。

【前置き】
 アメドラのバウンスの動きが好きすぎるのでレベル8+娑楽を残したまま模索した結果です。
 アメドラのステータスと効果を最も効果的に使っている気がするのがお気に入りポイント。
 赤き竜を使った構築は赤き竜の登場当初から練っているのですが楽しくて好きです。
 MDでもこれ握って遊ぼうと思います。

【基本展開】
※PUNK基本展開でマダム、ドラドラ、娑楽を並べるところまでは省略

■レベル3のみ追加で出せる場合
 ・レベル3使わず11-8-3の構えにするか、リトルナイトss

■マジシャンズソウルズ又はイリュカスが手札にある場合
 ・ブラマジss→マダムと合わせてバロネスss

■マジシャンズソウルズセット及びレベル3チューナーが追加で出せる場合
 要求値高いですがPUNKの快感ポイントである素ドロー×2でまあまあ引き込めます

 (1)ソウルズss、3チューナーss
   盤面:ソウルズ(1)、チューナー(3)、マダム(3)、ドラドラ(8)、娑楽(3)
   ※カッコ内はレベル

 (2)3チューナーとソウルズでルイキューピッドss(レベル指定は1)
   盤面:ルイキュー(4→1)、マダム(3)、ドラドラ(8)、娑楽(3)

 (3)マダムとドラドラでアメドラss、アメドラ効果でドラドラss
   盤面:ルイキュー(1)、アメドラ(11)、ドラドラ(8)、娑楽(3)

 (4)アメドラとルイキューで赤き竜ss、ルイキューでコリドー手札、赤き竜でシンクロ・ランブル手札
   盤面:赤き竜(12)、ドラドラ(8)、娑楽(3)

 (5)コリドー効果でssから超雷龍ss(PUNK展開中に確定除外あり)
   盤面:超雷龍(8)、赤き竜(12)、ドラドラ(8)、娑楽(3)

 (6)赤き竜効果でクリスタルウィングss
   盤面:超雷龍(8)、ドラガイト(8)、クリスタル(8)、娑楽(3)

 (7)シンクロランブルでルイキューss、ドラドラと合わせて赤き竜ss
   盤面:超雷龍(8)、赤き竜(12)、クリスタル(8)、娑楽(3)

 (8)相手ターンにアメドラss、赤き竜効果でトリシュss

 正直な話をすると(5)の後ランブルでルイキュー蘇生することで12シンクロ+赤き竜の構えができるのですが、
 カラミティいなくなっているのとレベル8が超雷龍しかいなくなり娑楽の素材にするのがなんか好きではなかったという話。
 ディアベルで超雷+ドラガイトの方が本当は強いけどあまり触れないであげてください。
 星12汎用が増えたら化けると思います

【一部採用について】
■マジシャンズソウルズ出張セット+ブラマジ
 ・今回の構想はレベル1非チューナーをどうするかということから始まったので色々試しました。
  この出張を選ぶ最大の利点としてはレベル3を追加で用意できなかったときに
  ブラマジを蘇生することでバロネスをssできる点です。
  罪宝でも似たようなことはできますが消費激しく感じたのでこっちの方が好き。
  ブラマジ初手引きならフォクシーで切れるので案外相性おいいのかもしれません。

■ネメシス・コリドー
 ・色々迷いましたが超雷龍を出せ、素引きでもそのまま出せるコリドーを選択。
  最初はホップイヤー飛行隊も入れてみたのですが最大展開じゃない時結構使いづらいのでカット。
  セアミンが守備力600なのでルイキューのサーチ先は案外残ってます。

■サイコ・ウィールダー
 ・ドラドラからのサーチ候補。
  他にも何かと使い勝手がいいので採用。

■マジックカード「死者蘇生」
 ・PUNKとこのカードの相性はわかりませんが面白そうなので入れてます。
  深淵の回避や3チューナーの蘇生展開に使うのはもちろん、
  相手の増Gチェーンで蘇生し(相手のドローを最小限にしたうえで)ナチュビssできる点が面白いです。
  G食らうと展開がしょっぱくなりがちなのでこれで抗ってみたい。
  別にこれじゃなくて手札誘発でもいい気はします。

■幻影騎士団ブレイクソード
 ・ランク3枠迷いましたが一番汎用性ありそうなものを選びました。

■S:Pリトルナイト
 ・ロマン枠投入の影響でEXがかつかつになっており、先行で立てるランク3を
  探していたのですが利便性高すぎるのでこっち採用。

赤き竜はレベル12の事ばかり言われますが遊ぶ分には色々な使い道があって楽しいですね。
PUNKはレベル11出すのは得意ですがレベル8出すのは案外得意ではないのでこういう出し方があっても楽しいと思います。
以上です。
遊戯王  :  trackback 0   :  comment 0   

天声GP-P.U.N.K構築メモ【遊戯王OCG】 

こんにちは。
ちょうど2023/10の遊戯王制限改定を見ながら書いてます。
MDと紙を並行して遊んでいると何が規制されているのかよくわからなくなってきますね…
昔買ったレリーフのルーラーは飾っておきます。よすだーです。

さて、自分がMDでも紙でも一番お気に入りのテーマ、「PUNK」ですが
WPP2023にて新テーマ「GP」が来日したことにより、GP-PUNKの構築が可能になりました。
GPとの相性の良さは既に海外で実証された通りですね。
海外と違い増殖するGがいるので辛い面は多いですがそれでも楽しいデッキです。

というわけで先日の遊戯王の日に持って行った構築を記念に置いておきます。

デッキレシピ
deckImage (1)

【採用について】
すみませんちょっと時間がないので説明雑記になります。

■P.U.N.K関連
 ・No-P.U.N.K.セアミン 3
 ・No-P.U.N.K.フォクシー 3
 ・No-P.U.N.K.オーガ 1
 ・No-P.U.N.K.ディアノート 2
 ・Uk-P.U.N.K.娑楽斎 1
 ・Ga-P.U.N.K.ワゴン 1
 ・No-P.U.N.K.マダムスパイダー 1
 ・P.U.N.K.JAMエクストリーム・セッション 1
 ・Jo-P.U.N.K.デンジャラス・ガブ 1
 ・幽鬼うさぎ 1
 ・緊急テレポート 2
→いつものPUNKセットと付随するサイキックセット。枚数は要調整。
  オーガ1だけどデッキ41枚にして2枚入れた方がいい気がします。しましょう。
 PUNK罠の種類はGPが着地狩りできるのでナシワリよりこっちの方がよさそう

■GP
 ・GP-リオン 3
 ・GP-キャプテン・キャリー 2
 ・GP-RB 1
 ・GP-Nヘッド 1
 ・GP-ベター・ラック 2
 ・GP-スタート・エンジン 1
→多分一般的なGPセット。基本海外参考です。
 魔法罠(特に魔法)は種類増やしてもいいかなと思いつつ結局このまま。
 Nヘッドはちょっと迷った(ランク8入れてないので)けど
 基本EXで何とかするデッキなので単純打点は便利ですね…

■汎用
 ・灰流うらら 3
 ・増殖するG 3
 ・墓穴の指名者 2
 ・抹殺の指名者 1
→海外と違いGがいるので墓穴抹殺はフル投入したいです。

■その他(この記事のメインの話)
 ・天声の服従 2
 ・サイコトラッカー 1
 ・サイコウィールダー 1
 ・座敷わらし 1
→ここの所謂余り枠は基本的にバロネスを出すためのレベル7ギミックを入れる部分です。
 最初はディアベルスターや雷仙神などで試していたのですが
 どうもしっくりこなかったのでいっそのこと抜いてしまいました。なのでニビルに弱いです。

 個人的には展開につながるカードを入れて見たくて色々さがした挙句、
 今回天声の服従を入れてみることにしました。
 
天声の服従通常魔法
(1):2000LPを払い、モンスターカード名を1つ宣言して発動できる。
相手は自身のデッキを確認し、宣言されたモンスターがあった場合、
その内の1体をお互いに確認し以下の効果から1つを選択して適用する。
●確認したカードを、このカードを発動したプレイヤーの手札に加える。
●確認したカードを、このカードを発動したプレイヤーのフィールドに召喚条件を無視して攻撃表示で特殊召喚する。


 このカードで宣言するカードですが、汎用札の宣言により下記運用が可能です。
 ◆灰流うらら
  urara.png
  手札に入れば純粋に妨害追加、
  場に出た場合はレベル3を出してランク3に繋げられます。
  また、手札に入った場合もGPのSS効果は使えるようになるため、
  うらら通常召喚からGP特殊召喚でもランク3に繋げられます
  これによりGPの最低限の動きは可能になります。
  総じて相手のデッキに存在さえすれば、手札に加えようがSSされようが
  お得な状況を作り出せるのはGPPUNK特有の強みですね。
 
 ◆増殖するG
  zoug.png
  手札に入ればもちろんのこと、
  場に出た場合はPUNKチューナーと合わせてナチュビをS召喚することが可能です。
  基本的に魔法を妨害する術が少ないこのデッキにとってはありがたい存在ですね。

 また、上記のいずれにも共通する話ですが、この複合テーマの最終盤面は比較的安定して
 娑楽斎/ドラゴンドライブ/GPリオン/GPキャリー/GP-RBとすることが可能なので
 「盤面が埋まっている場合天声の服従で指定したカードは手札に入る」という
 隠されてない効果により、展開後に発動することで強制的に手札に妨害を抱えることが可能です。

 そしてこれに合わせるように他のカードも考えたとき、
 ランク3補助などを考えてサイコトラッカー/サイコウィールダー/座敷わらしを投入しました。
 座敷わらしは半分趣味ですが、表向きの採用理由はナチュビになれるからというのと
 PUNK最大の楽しいポイントであるセッションによる素ドローの期待値を上げる目的もあります。

 弱点としては天声の服従込みでフル回転すると自分のライフは1500まで下がります。
 下手したらそのままやられます。

■EX
 ・Uk-P.U.N.Kカープ・ライジング 1
 ・P.U.N.K.J.A.Mドラゴン・ドライブ 1
 ・Uk-P.U.N.Kアメイジング・ドラゴン 1
 ・魔救の軌跡-ドラガイト 1
 ・サイコ・エンド・パニッシャー 1
→PUNKでおなじみのEX群。

 ・GP-スター・リオン 1
 ・GP-チャリオット・キャリー号 1
 ・GP-PB 1
→GPでおなじみのEX群。
 リンク体はお留守番です。
 枚数増やすならキャリー号+1かなと。

 ・幻影騎士団ブレイクソード 1
 ・天霆號アーゼウス 1
→アーゼウスセット。ここのランク3枠はいつも悩んでます。
 チューナー×2の盤面の時に除去を行いたい時のためにひとまずブレイクソードにしました。

 ・ナチュル・ビースト
 ・ナチュル・パルキオン
→ナチュルセット。ナチュビは前述のとおり。
 パルキオンは海外構築参考にして投入。魔法罠の除去が少ないので良いと思います。

 ・金雲獣-馬龍
 ・フルールド・バロネス
 ・S:Pリトルナイト
→馬龍はWPPでGPと一緒にやってきたカード。
 レベル6シンクロですが自身の効果でレベル5または7になるシンクロです。
 なのでレベル3チューナー1体+非チューナ―2体でバロネスが立てられます。

 また、バロネスに向かわず馬龍からリトルナイトに繋げることで
 バウンス+除外の2枚除去が可能なので破壊耐性に対して強気に出られるようになります。
 先攻後攻問わず使いやすいカードですね。

GPPUNKそのものは誰もが考えるデッキですがわずかな残り枠やEXによって独自のアクセントを加えられるので
非常に個性が出て面白いデッキになると思います。ほかにも相性の良いカードを色々探してみたいですね。

以上です。余裕ができたらもうちょい見やすくしておきます。

遊戯王  :  trackback 0   :  comment 0   

【旧裏小話】そうしてトゲピーは赤ちゃんをやめた 

ポケモンカードGBがSwitchでも配信開始しました。
実機と3DS版は持っていますがやはり大画面でできるのはありがたいですね。
本当にありがとうございます。

そのゲームには収録されていませんが、今回から金銀(ポケモンカードneo)にも足を延ばします。

早速ですが、ポケモンカードneoが始まり、新たな要素がいくつか追加されました。
最近は見かける機会も少し減りましたが、ベイビィポケモンもその一つです。

mutyuru_20230812224720398.png

これは簡単に言えば「タマゴグループが未発見※」かつ「タマゴから生まれるポケモン」の事を指します。
「ピカチュウ」に対する「ピチュー」
「ピッピ」に対する「ピィ」のような存在です。
最近では、「エレズン」なんかもくくりとしてはベイビィポケモンです。

※メタモンと一緒に育て屋(預かり屋)に預けても卵が見つからないポケモンのこと

このベイビィポケモンという名称は本編のゲームでは存在しない概念であるため、
若干くくりが曖昧な面がありますが、ここでは上記の定義として考えます。


◆ベイビィポケモンができたワケ
※この項の話はあくまでも筆者の推測です。

ポケットモンスター金銀では数々の既存のポケモンに対する進化前のポケモンが登場しました。
合わせてポケモンカードもneoシリーズに入り、それらのポケモンが実装されることになります。

しかし、そこである問題が浮上しました。
例えば新しく登場した「ピチュー」というポケモンは分類としては
「ピカチュウ」に進化する「たねポケモン」となるのが妥当です。

しかし、ピカチュウもれっきとした「たねポケモン」であるため、
ピチューからピカチュウに進化させようとすると、
「たねポケモン」から「たねポケモン」への進化となってしまいます。
勿論、これまでのルールにはそのようなパターンは存在しませんでした。

pikatyu.png
まさか自分に進化前がいたとは当時のピカさんもわかるまい

そこで、これまでの「たねポケモン」のルールに下手に介入することなく、
ピチューらを実装するための施策が必要となりました。
そしてそれを形にしたものが「ベイビィポケモン」だったのではないでしょうか。

pityu_20230812232032287.png
HPの下に小さいですが「ベイビィポケモン」とかかれています


◆ベイビィポケモンの特徴
ポケモンカードneoで登場したベイビィポケモンは以下の項目が目を引きます。
pityuF.png
まず、左の「ピカチュウへ進化」という文面です。
これは先ほど述べたように、既存の「たねポケモン」に進化するための表記となります。
これにより、neoで登場したピチューは既存のピカチュウに進化することができるようになりました。

そしてその隣に記述されているように、もう一つベイビィポケモンに新たなルールが加わりました。
つまりは「バトル場にベイビィポケモンがいると、相手の使う技は50%の確率で失敗する」
という意味の効果です。
ベイビィポケモンが一律でHP30であったこともあり、
簡単に倒されてしまうことへの対策だったのかもしれません。

他にも、HPが30だったり、弱点・抵抗力・逃げるエネルギーがないなど、
様々な点で差別化がなされていました。

なお、あくまで調べた内容ですが対戦環境において、
公式には強力なカードとして扱われていた形跡がありました。
pi_20230812235258cf8.png
「ピピピ」という謎の技名ですが、手札をすべてデッキに戻し7枚ドローという中々豪快な効果。

当時は「殿堂ルール」というものが存在し、☆1~4のポイントが一部カードに割りふられ、
デッキに入れられる枚数に制限がかけられていました。
ピィは☆2、その他のベイビィポケモンもその多くが☆1になっていたようです。
(実際に使われていたのでしょうか…?)

なお、殿堂ルールについては奥が深く、今も有志の方々により更新されているようです。すごい。
私は対戦経験はほぼありませんが、旧裏で戦う場というものも見てみたいものです。

◆「ベイビィポケモン」といえば?
さて、そんなベイビィポケモン、何匹か挙げてみてください!
と言われてぱっと思いつくのは「トゲピー」じゃないでしょうか。
勿論、neoシリーズではトゲピーも収録されていおます。
それがこちら。

togepi_20230813001318b5b.png


……!?
お前……ベイビィポケモンじゃなかったのか…?

togepi2.png
/何か問題でも?\

……先述したように、ベイビィポケモンの定義には含まれているのですが、
実はポケモンカード上のトゲピーは「ベイビィポケモン」ではありませんでした。
これはトゲピー並びにトゲチックが金銀から登場したポケモンであり、
野生でも出現しないトゲチックは1進化として実装するのが適当だったのでしょう。

togetiku_202308130013191fc.png
というかたねポケモンとするには違和感がありすぎる

なお、あくまでも一般的なくくりとしてはトゲピーも立派な「ベイビィポケモン」です。
公式グッズでも他のベイビィポケモンと並んでトゲピーも登場しています。
「ベイビィポケモン」はポケモンカードが初出の呼び名ですが、
実際のカードではベイビィ扱いされていない、というちょっと不思議な話でした。


◆その後のベイビィポケモン
さて、そんなベイビィポケモンですが、その後は「たねポケモン」扱いとなり、
分類上のベイビィポケモンという定義は消滅してしまいました。
代わりに自身の持つポケパワーにより、たねポケモンへ進化できるようになっています。
poityu2.png
「ベイビィしんか」というポケパワー(≒特殊能力≒特性)により、たねポケモンへの進化をする能力。

さらにサンムーン期に入ると、それらの特性も消滅し、
進化系のいないたねポケモン」として収録されるようになりました。
そのため現行のポケモンカードでは進化しないポケモン扱いになっています。

ベイビィポケモンとしての概念は今のポケモンカードからは消えてしまいましたが、
考えようによっては初出では赤ちゃん扱いだったポケモン達も
今ではいっぱしのたねポケモンとして成長した、とみることができるかもしれませんね。

上手いこと言おうとして言えなかったのでここで終わりにしておきます。

- もくじに戻る
ポケカ小話  :  trackback 0   :  comment 0   

【旧裏小話】蝶になれなかったトランセル 

引き続き、旧裏(1~3弾)の話になります。

ポケモンカードの醍醐味の一つといえば進化です。(たぶん)
ゲームではピカチュウが進化してライチュウになるように、
ポケモンカードでピカチュウを手に入れたならぜひとも
ライチュウに進化させて戦いたいものです。

第1弾で出たばかりのキャタピーもトランセルに進化し、
蝶となって大空を舞うことを心待ちにしています。
キャタピー トランセル1
/ 早く大人になりたいな \

しかし、残念ながらその夢は叶いませんでした

キャタピーF トランセル1F
/ えっどうして… \

なんと第1弾の時点ではバタフリーは収録されていなかったのです。
バタフリーが収録されたのは第2弾「ポケモンジャングル」であり、
トランセルは第1弾の時点ではそれ以上進化することができませんでした。

ですが第2弾発売後、トランセルくんも無事立派な蝶に進化することができました。
めでたしめでたし。

バタフリー1
ハッピーエンドじゃないと心苦しくなる弱いオタクでごめんなさい

このような事例は別にバタフリーに限った話ではなく、
第3弾「化石の秘密」までのポケモンではそれなりに存在します。

第1弾第2弾第3弾
キャタピー &トランセルバタフリー-
ポニータギャロップ-
ドードードードリオ-
ポッポ &ピジョンピジョット-
サンド-サンドパン
ドガース-マタドガス
スリープ-スリーパー
ゴース &ゴースト-ゲンガー※
ミニリュウ &ハクリュー-カイリュー
※3弾にゴース&ゴースト収録

中では第1弾に進化前が、第3弾に進化後が収録されたポケモンもいます。
その差は8か月。それなりに待たされています。

サンドパン3
サンド目の正直

前回も少し触れましたが第3弾「化石の秘密」にてポケモン151匹がそろうため、
最初から3弾で全種類のポケモンを収録する折り合いでこのようなことになったのでしょう。
当時進化後を狙ってパックを引き続けた人もいたのでは…?
という想像はできますが。

ちなみに上記の表を見てもわかる通り、
ビードルは第1弾で普通にスピアーに進化します。
スピアー1
地味にレアリティもバタフリーより上

ご存じの通り、どちらも序盤で手に入り進化も早い虫ポケモンで共通していることもあって、
ポケカでの収録タイミングがバタフリーだけずれた理由はよくわかりません。

こういった収録順の違いについてはまだまだ謎に包まれている部分が多く、
いつか分かるような日が来るかもしれません。…来るのか?

- もくじに戻る
ポケカ小話  :  trackback 0   :  comment 0